Quantcast
Channel: 尾崎勇気のオフィシャルブログ
Mark channel Not-Safe-For-Work? cancel confirm NSFW Votes: (0 votes)
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel.
0
Previous Article Next Article

「岩瀬惠子のスマートNEWS」

0
0
本日、「岩瀬惠子のスマートNEWS」のスタジオに呼んで頂きました。 09191601o.jpg 今日は岩瀬さんは夏休みということで、大坪千夏さんがパーソナリティーを務められていて、大坪さん、斎藤さんと熱戦が続く相撲秋場所についていろいろとお話ししました。 大混戦の大相撲秋場所は九日目を終え、全勝豪栄道、1敗で日馬富士、平幕の遠藤という展開です。 先週のラジオでも、「今場所は白鵬が休場したことにより、どの力士にもチャンスがある、観る側にとっては面白い場所になるのでは」と予想しましたが、ここまでその期待通りの展開となっています。 後半戦の星の潰し合いによって、優勝ラインも2敗まで下がる可能性は十分にありますので、綱取りを目指す稀勢の里や新関脇高安にもまだまだ優勝のチャンスはあります。 そして、秋場所の前半戦を盛り上げた最大の功労者は2横綱3大関を倒した隠岐の海。今場所はいつもの場所とは違って相撲に重みが感じられます。相手に厳しい攻めを持ち前の懐の深さで残し、そこから一気に逆転に転ずる、という非常にいい内容の相撲がここまで多く見られました。 隠岐の海は立ち合いで変化はしませんし、四つ相撲の力士がよく使う「張り差し」もしません。対戦相手も隠岐の海戦は立ち合いで的を絞りやすいと思いますが、それでも上位相手にもしっかり白星を重ねるわけですから、間違いなく地力がある力士です。 もうすでに横綱大関戦は全て終えていますので、残りは関脇以下の力士です。平幕優勝の期待も膨らんでいましたが、今日は今場所不調の魁聖相手にいいところなく敗れ、2敗に後退しました。前半戦で緊張感のある相撲が続いただけに、少し息切れしたのかもしれませんね。 秋場所後半戦も各力士の奮闘に期待しています。

Latest Images

Trending Articles