Quantcast
Channel: 尾崎勇気のオフィシャルブログ
Mark channel Not-Safe-For-Work? cancel confirm NSFW Votes: (0 votes)
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel.
0

「くにまるジャパン」

0
0
昨日は文化放送の「くにまるジャパン」にゲストで呼んで頂きました。 11191501o.jpg こちらの番組は初めての出演でしたが、パーソナリティーの野村邦丸さんはかなり大相撲に詳しい方で、後半戦に入り、盛り上がりを見せる九州場所の話題で非常に盛り上がりました。また来場所も呼んで頂けると嬉しいです!ちなみに12月1日は西岩親方が出演する予定です。 九州場所は十一日目を終え、全勝白鵬、1敗で日馬富士という展開となっています。昨日の十日目、それまで1敗だった高安、松鳳山、稀勢の里が敗れ、全員2敗となったことで、今場所の優勝争いはこの両力士に絞られました(残り5日ありますが)。 昨日は何と言っても白鵬―栃煌山戦での白鵬の「猫だまし」です。横綱でこの立ち合いをやったのはおそらく白鵬が初めてではないでしょうか。昨日の相撲ではどちらかというと、この猫だましよりも、手をたたいた後にひらりと横に動き、栃煌山の突進をかわしたことの方が勝因だったと思います。 今場所の白鵬は嘉風戦で見せた「右変化気味の張り差し」、そして昨日の「猫だまし後の変化」と、立ち合いで奇襲を用いています。先場所変化を多用した鶴竜同様、今回の白鵬のこの立ち合いもいろいろと論争が起きそうです。 押し相撲の力士に対してそれだけ警戒している故の戦略だったかどうかは分かりませんが、対戦相手からすれば、ただでさえ強い横綱に、立ち合いのバリエーションがあると的が絞りづらくて大変でしょうね。 奇襲には奇襲で対抗するという意味で、来場所、栃煌山は対白鵬戦では是非「猫だましからのもろ差し作戦」でいってもらいたいです。意外と普通の立ち合いでいくよりも、もろ差しになれるかもしれません。「横綱に失礼だ」という批判もおきないと思います。

Latest Images

Trending Articles