Quantcast
Channel: 尾崎勇気のオフィシャルブログ
Mark channel Not-Safe-For-Work? cancel confirm NSFW Votes: (0 votes)
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel.
0

「大相撲九州場所」

0
0
一年納の大相撲九州場所は休場明けの日馬富士が7回目の優勝を遂げ、幕を閉じました。 日馬富士は二日目に大砂嵐に敗れ、今場所も厳しい展開になるのかなと思いましたが、その後は12連勝としっかりと立て直し、結果13勝2敗での優勝となりました。十二日目までは白鵬が全勝でしたし、相撲内容を見ても白鵬の優勝を予想する方が多かったと思います。 しかし、十二日目までは圧倒的な強さを見せていた白鵬ですが、十三日目以降の3日間はまるで人が変わったような相撲内容でした。日馬富士は1敗を維持したまま後半戦に入ることが出来たことが、優勝のための大きなポイントになったと思います。もし、横綱戦が組まれる十三日目まで、あと一つでも星を余分に落としていたら、おそらく違った展開になっていたでしょうね。 千秋楽の日馬富士―稀勢の里戦は稀勢の里が得意の左差しからの一気の寄りで、優勝のかかる日馬富士を圧倒。優勝した横綱相手にこれだけの相撲を取れるわけですから、稀勢の里はまだまだ可能性を秘めている力士だと思います。 そして今場所は、十三日目に北の湖理事長が急逝し、相撲界に大きな衝撃が走りました。北の湖親方は優しさと情がある方で、一門を超えて皆に慕われていました。 心からご冥福をお祈りいたします。

Latest Images

Trending Articles