Quantcast
Channel: 尾崎勇気のオフィシャルブログ
Mark channel Not-Safe-For-Work? cancel confirm NSFW Votes: (0 votes)
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel.
0

「大相撲夏場所 十三日目」

0
0
大相撲夏場所十三日目、注目の白鵬―稀勢の里戦は寄り倒しで白鵬が勝ち、これで3敗で稀勢の里、栃煌山、旭天鵬が並ぶ展開へと変わりました。 相撲は立ち合いで7割以上勝敗が決まるとよく言われますが、この一番に関してもまさしくその立ち合いで明暗が分かれました。 今日の白鵬の立ち合いは「右張りからのもろ差し狙い」。今場所の白鵬は豊響、妙義龍、高安、琴奨菊戦でこの立ち合いを見せていて、私は先場所稀勢の里に完全に右差しを封じられた白鵬は、おそらく今日はこの攻めでいく可能性が一番高いように感じていました。 白鵬は本来は右肩から強く踏み込み、右を差し、四つに組み止めるのが一番得意とする立ち合いからの流れだと思いますが、それに左右両方の張り差しのパターンもあって、この3パターンの中から相手は的を絞らなければいけません。おそらく稀勢の里は、今日は立ち合いで白鵬に逆をつかれたのではないでしょうか。白鵬のような強い横綱に立ち合いで予想の逆をつかれてしまうと、その後に立て直すのは非常に難しく、一方的な展開になってしまいます。 いかに立ち合いの「集中力」、そして「読み」が大切かというのが如実に表れた一番でした。稀勢の里、連敗したとはいえまだ優勝争いのトップ。一番優勝に近いところにいるのは間違いないのですから、残り2日間、精一杯力を出してほしい。 明日は3敗の栃煌山、旭天鵬とも大関戦が組まれました。残すはわずか2日間ですが、今場所は一体最後誰が優勝するのか、現段階では全く分からない展開へとなってきました。

Latest Images

Trending Articles